医療(診療報酬)ファクタリングに申し込もうと思っているけど2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありどれがいいのか?私にはどの選択が正しいのか?わからない。。。

そんなあなたにこちらでは医療(診療報酬)ファクタリングの2社間と3社間違いについて詳しくご紹介していきます。

2社間ファクタリングとは?(医療ファクタリングの場合)

2社間ファクタリングとは、取引先(国保連や社会保険診療報酬支払基金)に通知せずに債権譲渡で資金調達する方法です。(事業主と取引先)(事業主とファクタリング会社)の2社間の関係だけでの取引なので、取引先への債権譲渡通知は行わず、ファクタリング会社との間で債権回収業務委託契約を結ぶことで資金と諭達が可能となります。取引先へ知られることなく資金調達できることから、これまでの関係性を気にする際には有効な方法です。

3社間ファクタリングとは?(医療ファクタリングの場合)

3社間ファクタリングとは、債務者の対抗要件を備える必要がある事から債権譲渡には、取引先に承諾が必要となる資金調達方法です。(事業主と取引先)(事業主とファクタリング会社)(取引先とファクタリング会社)の3社が相互に恵沢に参加する取引となります。事前に取引先へ「債権譲渡通知書」を送り、同意を得た上でファクタリング会社が取引先から(診療報酬)レセプトを回収する仕組みとなります。

2社間と3社間ファクタリングの主な違い

 

2社間 3社間
診療報酬の買取額 全額可能 70~90%
支払機関への通知 不要 必要
手数料 高い 安い

2社間ファクタリングのメリット

  • 診療報酬を満額買い取り可能のため、3社間に比べて多く資金化できる
  • 支払機関への通知が不要

3社間ファクタリングのメリット

  • 審査がゆるい
  • 保証人不要
  • 3社間ファクタリング(医療)が一般的なので選べる会社が多いため比較できる

2社間ファクタリングのデメリット

  • 医療ファクタリングで2社間ファクタリングを行っている会社が少ない
  • 手数料が3社間ファクタリングに比べて割高

3社間ファクタリングのデメリット

  • 支払機関に通知するため相手側に周知される
    ※医療機関の場合は取引先ではなく、支払先(国保連など)に周知されても特に今後支障がでるなどがないため問題なし。大きなデメリットではない。

2社間ファクタリングが向いている医院や施設

  • 診療報酬(レセプト)を満額買い取ってもらいたい方
  • 支払機関に通知が不要なため、相手側に周知されたくない方

3社間ファクタリングが向いている医院や施設

  • 審査がゆるく保証人不要が良い方
  • 手数料をできるだけ安くしたい方
  • ファクタリング会社を比較して優良なファクタリング会社と契約したい方

終わりに

医療ファクタリングの中でも2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについてご紹介しました。

医療ファクタリングの2社間ファクタリングをおこなっている会社が少なく比較できないためあまりおすすめしません。

3社間ファクタリングが一般的で多くの医院や介護施設が利用されているのが実情です。

向き不向きや必要な資金によっても診療報酬の買取額などが違いますのであなたの医院や施設に最適な方法をこちらの記事を参考に選んでいただければと思います。

おすすめの記事